趣味だけブログ。
by log-mochy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タマミ
a0163550_22445814.jpg


『 赤んぼ少女 』


観ました。

楳図作品は感慨深いです。

なんて切ないんでしょかーーー
[PR]
# by log-mochy | 2010-08-27 22:58 | 映画
ウェーディング ベ〜ル
なんて楽しい、ハッピーな映画なんでしょかー!
久々に映画で大爆笑しました。


ウェディング・ベルを鳴らせ

a0163550_22143491.jpg

a0163550_22145248.jpg

a0163550_2215657.jpg

a0163550_2215192.jpg


舞台となったセルビアの村や町がとってもほんわかしてて、登場人物がみんな個性的でちょっとクレイジー。
どう見てもまだ少年の主人公の男の子がお嫁さんを探すという、簡単に言えば簡単な話なんですが、ドタバタいろんな事件が起こって、そらないわーとツッコミながら最後まで楽しく観ました。
映画のチラシが可愛くてちょうど公開当時に映画館でもらってきたんですが、映画もやっぱりセンスよかったです。
監督のエミール・クストリッツァ作品を他のも観たくなりました。
[PR]
# by log-mochy | 2010-08-20 22:34 | 映画
紆余曲折
読み終えました。

a0163550_23291056.jpg


向日葵の咲かない夏

テレビに作者の道尾秀介さんが出ていて、昨年の文庫売り上げNo.1だそうなので読んでみることにしました。こういう系のお話も苦手ではないので、途中まではグングン引き込まれていきました。
でも、途中から...
よくわからなくなってしまいました。
最後のほうでまさかの展開におもわず泣きそうになりましたが、その後の無理やりなハッピーエンドとういのか? うーん? どれが現実で空想なのかがもうよくわかりません、、、でも、この結末はきっとブーイングしちゃいますねぇ。

やり過ぎちゃったか、ひねり過ぎちゃったか?
最初の先生が犯人で良かったのに... (笑)。

でもこの作家さんは今売れっ子なんですよね。他の作品はどんな感じなんでしょうか。
文章も読点「、」が多いなあと気になるのは、わたしだけかな?
[PR]
# by log-mochy | 2010-08-13 00:01 |
甘酸っぱ!
a0163550_2233374.jpg


恋しくて

WOWOWのジョン・ヒューズ追悼特集で観ました。
この3人懐かしいな。エリック・ストルツ、リー・トンプソン、メアリー・スチュアート・マスターソン。1987年の映画です。昔一度観たことがあって今回もう一度観てみました。
高校のマドンナ的な女の子(リー・トンプソン)に憧れてるパッとしない男の子(エリック・ストルツ)、そして幼なじみのボーイッシュな女の子(メアリー・スチュアート・マスターソン)のざっと言えば、三角関係です。ジョン・ヒューズ青春作品はこのパターンがお決まりですね。必ず人気者の男の子or女の子がいて、主人公はその子に恋をする。応援してくれる幼なじみがその子のことを好き、というパターン。
とっても甘酸っぱい、切ない。これぞ青春映画です。



「恋しくて」の場合は、幼なじみの女の子の気持ちにやっと気づき、マドンナではなくその友達のほうを選ぶという結末でした。納得のハッピーエンド!

今ではヒットしないだろうな... と思うけど、80年代は真面目に素直に観れた時代だったんですね。
[PR]
# by log-mochy | 2010-08-08 23:14 | 映画
今、キテます!
最近私の中で読書ブームがキテます。

読書好きとは全然言えないほど普段は読みません。
ただ、今みたいに時々その波はやってきて、ザバーッと何冊か読みあさって、そしてまた引いていきます。今部屋にあるのはその残骸たちです。
読む本も映画と一緒で、ヘンなものに偏っていると思います。
ホラー、ミステリー系が圧倒的に多いです。あとは、オススメに影響されて買ってみたり・・・。読むのにあまり慣れていないので、最初上手く引き込まれてお話に入れないと、途中で“やーめたっ”と飽きてしまうという。。面倒くさぁ〜。

今回のブームの火付け役は「告白」でした。
そこから伊坂幸太郎を何冊か読んで、そして桐野夏生「東京島」を今日読み終えました。
初めての、桐野夏生。途中でちょっと集中が途切れそうでしたが(あまりにも主人公「清子」の怠慢さのため)、なんとか最後まで読めました。結末はなかなか良かったです。
もうすぐこの小説が映画化されるということで、さっきここに載せようかな? と思って予告編を見ました。

a0163550_011286.jpg

わーお、木村多江さん美しい〜〜!そしてこのポスター、内容を勘違いしそうなぐらい、南国風ですね。
でーもぉー、 多江さんの「清子」役は、小説の“40過ぎの太ったおばさん”とはイメージがだいぶ違います(仕方ないけど...)。そして周りの男たちも。
実際に観ないと善し悪しはわかりませんが、演技力、演出力がないとコメディになってしまうというギリギリの難しい内容なので、かなりハードル高いはずです。
そして、小説を読んだ人は果たして観たいと思うのかな?わたしは、本だけで満腹です。。

東京島を読み終えたので、次は何を読もうか? と本屋に行きました。
昨晩テレビで特集していた“2009年日本で一番売れた文庫”という本と、今更ながら太宰デビュー(「走れメロス」以外で)しようかと買ってみました。

わたし、案外ミーハーだったんだー!?
[PR]
# by log-mochy | 2010-08-07 00:48 |