趣味だけブログ。
by log-mochy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
男のロマン
a0163550_1375387.jpg


劔岳 点の記

WOWOWで放送してたので観ました。とにかく山が、風景が、映像が美しい!
そして何といっても香川照之。いい役でした。主演の浅野忠信よりも目立ってましたね。
最近は映画、ドラマ、CMで毎日のように見かけるので、いろんな役柄がダブってしまって仕方ありません。活躍するのはいいけれど、もうちょっと絞ったほうがいいかも。
今日は特に龍馬伝を見た後だったので、汚れたお顔が岩崎弥太郎と重なってしまいました...

少し前だったら、主演は浅野忠信ではなく役所広司だったのでは?と思ってしまいます。役柄でも役所広司は前任の測量手役&ナレーションで出演しています。もう世代交代ということなんでしょうか。
最近の流行か出演者が豪華でした。名カメラマン木村大作の初監督作品にどんな役でも出演したいという思いがあるのかもしれませんが、ちょっとした役にはもったいないな〜と思ってしまいます。ちょっとこのパターンは見飽きてきました。
仲村トオル率いる日本山岳会と初登頂を競うわけですが、仲村トオルの格好がコジャレていて、あんなコート着てて山登りできるんかー?!とおもわずひとり突っ込みを入れてしまいました。

でも最後は、ホロリと泣かされましたー。ズルイ映画だ。

時代とはいえ今では考えられない縄の命綱。案の定、崖で擦り切れて転落してしまいます。それでも成し遂げたこの時代の男たち。スゴイの一言です。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-26 02:12 | 映画
お腹がグー
a0163550_2274556.jpg


観てきました!『 シャッター アイランド 』

ディカプリオ出演の映画を観るのは久しぶりでした。なかなか良かったです。やっぱり歳をとりましたね。
でもわたしのお目当ては相棒役のマーク・ラファロ。何か不自然... と思いながらもやっぱりステキで、ニヤニヤしながら観てました。ディカプリオより身長が低くてちょっとビックリ。でもいーんだ!
音楽の盛り上げ具合といい、ダークな映像といい、途中現実なのか幻覚なのか妄想なのか、はてさて?ふふーん?と不思議な気持ちになりました。

まだ観てない方もいるので核心には触れませんが
あちこちで見かけるレビューなど気にせずに、一度観てみてください。

わたしは観てよかったなあと思います。


最後のエンドロールが流れ出したところでわたしのお腹がググーッと激しく鳴り出し、終わってからで良かった... とホッとしました。よくぞ耐えてくれました!
[PR]
by log-mochy | 2010-04-21 22:26 | 映画
自由すぎる
a0163550_2355066.jpg


転々

近年の三浦友和は頑張るなあ~。どんな役でもやりますね。そして上手い。かつての正統派二枚目俳優が... というギャップにヤられちゃいます。
とりあえず2人のヘアスタイル、これ何ですか!
「心ほどける“東京お散歩ムービー”」というキャッチですが、ほどけ過ぎです。
でも観ていくうちに、もうそんなのどーでもよくなってしまうんですけどね。

そう、この映画はどーでもいいお話(といっては失礼ですが)、よく映画にしたなーと思うぐらい、ゆるいです。会話もダジャレも出てくる人達も...。
でも2人の歩く後ろ姿は、なんだか深いものを感じてしまいます。

どことは言いませんが、オダジョーと同じ言葉を観ながら発していました。
知らず知らずに引き込まれてたんですね。単純です。

そして
合間、合間に登場する、岩松了、ふせえり、松重豊の3人がくだらな過ぎて笑えます。
つむじが臭いとか、本当くだらない(笑)


どーでもいいんだけど、こんな映画もあっていいかなと思います。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-19 00:20 | 映画
恋する女はキレイさー
a0163550_1426555.jpg


アパートの鍵貸します

ビリー・ワイルダーのロマンチックコメディ。笑いの中に皮肉とそしてちょっぴり泣かせる、ビリー・ワイルダーっぽい映画だなあとつくづく思います。ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンもいいコンビ。

上役への点数稼ぎで自室のアパートを提供する... というサラリーマンのバド(ジャック・レモン)が、会社のエレベーターガールのフラン(シャーリー・マクレーン)に恋をしたことから、少しずつ変化していく... というお話。
最初はバドの不甲斐なさがどーしようもなく情けないんですが、彼女の為に自分を犠牲にして精一杯強がっていく姿に、切なくてほろりときます。
でも言えないし、気づいてもらえない。。

最後の最後に、やっとバドの気持ちに気がついて彼の元へと走り出すフラン。
嬉しそうに走っているその笑顔がとってもキラキラしていて、あのシーンはとても感動します。
その後顔を合わした時の、直接気持ちは言わないんだけど、ん?それって...?と気づかせるシャレた会話もステキです。
バドがトランプを配りながら、だんだんと2人が笑顔になっていく... (写真)ところでエンド。
この含みを持たせた終わり方も好きです。イキな演出。
これこそ、ラブコメの醍醐味だー!

大作じゃないけど、渋〜い名作です。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-18 15:22 | 映画
赤と白と、黒。
a0163550_2363154.jpg


コックと泥棒、その妻と愛人

この映画を最初観た時のショウゲキは忘れられません。正直もう観たくないと思ったぐらい。
でも、また観てしまいました。

お話は、タイトルそのままのコックと泥棒、その妻と愛人の物語。

やっぱりどーしようもなくグロい。残虐極まりない。そして嫌悪感を感じます。
でもそれと同じくらい美しい映画でもあります。
舞台となるフランス料理店の内装と色彩の美しさ。そして衣装と音楽。
主役の女性の衣装が、白い部屋に入ると白い衣装に、赤い部屋に入ると赤い衣装に変わる... と凝っているところも。


でもやっぱり、もういいかな。
観ると精神的にドーーーッと疲れるので。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-18 03:12 | 映画
何度も観た
smaSTATION!!を観ていて流れたPV。

むかしテレビの音楽番組で何度も観てたのを思い出して。懐かしいなあ。
プリンスの曲だったとは知りませんでした。


Sinead O'Connor - Nothing Compares 2 U


いい曲です。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-18 01:27 | 音楽
おんなじ
ヘアスタイルの倍賞千恵子と岡田将生。

a0163550_15162426.jpg


ホノカアボーイ

あんまり美しいお顔の人に興味はないけれど、岡田将生はなんか好きだなあ。
「重力ピエロ」の時もなんてキレイな顔の人なんだ... と思ったもんですが
今作でもやっぱり好きでした。このヘアスタイルも似合ってたし。
Tシャツ+短パン+ビーサンでも、絵になる男です。
声も独特で好きですね。

映画は、最初からゆるゆる〜でした。大きな動きとかは特にないんだけど
舞台のホノカア村(ハワイ島)の青い空、青い海、緑の草原、そして虹... と
そこで暮らす人々の穏やかな雰囲気とがピッタリ合っていました。
最初寝ちゃうんじゃないのー?と心配したけれど、案外退屈せず最後まで観れました。

ビーさん(倍賞千恵子)の作るごはんやマラサダがとっても美味しそうで。あー食べたい。
(この映画の料理は高山みなみさんが担当したそうです)
最近のゆる系映画に出てくる料理はほんとたまりません〜


最後のほう、気がついたら泣いてて自分でもちょっとびっくりでした。
ただのほんわか映画じゃないとこもいいですね。


ただどうしても、倍賞千恵子=ソフィーにしか聴こえません。。
[PR]
by log-mochy | 2010-04-11 16:08 | 映画
ミネコ
CDを整理していて、懐かしいものが次々と出てきました。

昔は好きになるとドバーっとまとめて買ってしまうという病気だった為(笑)、その当時は大満足だったけど今となっては溢れているだけのCDの山。これどーすんだ。
あーそういえばこれ好きだったっけ... と懐かしいやら、お金もったいないなあ... とか思ったりもしながら、久しぶりに何枚か取り出して聴いています。今から10〜15年前は仕事の関係もあって、音楽に一番お金を使っていた時期でした。


その中のひとり、ミネコこと嶺川貴子。
何かのコンピレーションアルバムに「fantastic cat」という曲が入っていて、それがきっかけで音楽も人も大好きになりました。
今は小山田圭吾の奥さんですね。知った時は驚きましたが、でも納得な気もしました。

初期L⇔Rのメンバーだったとか。カヒミ・カリィと共に渋谷系の女王だったらしいです。へぇー知らんかった。

ファッションやヘアスタイルも好きだったなあ。


roomic cube
a0163550_23122494.jpg

[PR]
by log-mochy | 2010-04-08 23:24 | 音楽
ハチャメチャ
という言葉がピッタリな映画です。


a0163550_1224476.jpg


地下鉄のザジ

(あらすじ)
PARIS! 凱旋門に、エッフェル塔。カフェオレに、クロワッサン……。お愉しみはいろいろあれど、田舎からやってきた少女ザジの一番の目的はMETRO! 地下鉄に乗ること。でも残念なことに、地下鉄はストの真っ最中。仕方なくパリ見物に出かけたザジの行く先々では、奇妙珍妙な大人たちが現れて、ハチャメチャな騒動が巻き起こります。


出てくる人が不思議すぎて、ワケがわからなすぎて、真剣に観ると疲れます... 笑
でも、この何でもアリなところがフランス映画らしくって
作ってる人も出てる人もきっと楽しかっただろうなあ〜 とか考えたりして
観ているわたしまでなんか嬉しくなってきます。

そして、しばらくするときっとまた観たくなるんだろうなあ。
後半のドンチャン騒ぎが、ドリフの「全員集合」をふと思い出してしまいました。

高所恐怖症じゃないけど、エッフェル塔のシーンは観ていてヒヤッとする...
[PR]
by log-mochy | 2010-04-06 01:51 | 映画