趣味だけブログ。
by log-mochy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:映画( 65 )
鼻血ムービー
a0163550_20582125.jpg


運命のボタン

あなたなら押しますか?
ボタンを押せば1億円。
ただし見知らぬ誰かが死にますーー


ボタンを押すまでの話なのかと思いきや、あっさりとそこは通り過ぎて
そしてだんだんとワケのわからん流れに。
これは侵略系?異星人?
それも結局ハッキリしないままの結末でした。

きっと観た後???と思う人続出なんじゃないでしょうか〜。
キャメロン・ディアスは、やっぱりラブコメとかでニコニコしてるほうが似合ってると思います。

でもある意味、コメディなのかなー!?
ツッコミどころは満載でした。
[PR]
by log-mochy | 2010-11-08 21:07 | 映画
まったり。
a0163550_22152881.jpg


プール

のどかです。
以前「めがね」を観た時に途中で寝てしまったので、今回は注意して観ました。
でもリキんで観る映画ではないですけどね。
ちょこちょこっとクセがありますが、頭を使わずサラリと楽しめました。

さあ、次は「マザーウォーター」観に行かないと!


やっぱり加瀬亮は好きです。
(再確認)
[PR]
by log-mochy | 2010-11-04 22:17 | 映画
マイケルはマイケル




観ました!

わたしが唯一安心して観れるゾンビ映画です。
アリスはいつまでたっても最強です。

最初の舞台が東京で、知ってる人も多いと思いますが中島美嘉が出てきます(一瞬だけど)。
最後のエンドロールでは、「J POP GIRL ・・・ MIKA NAKASHIMA」になってました。


プリズン・ブレイクのマイケル(ウェントワース・ミラー)も出演しています。でもどうしてもわたしにはマイケルにしか見えませんー。
[PR]
by log-mochy | 2010-10-14 22:00 | 映画
天国の口
a0163550_19332233.jpg


天国の口、終わりの楽園。

ガエル・ガルシア・ベルナルのあの屈託ない笑顔が好きです。2001年の映画なのでやっぱり若いですね。でもしっかり存在感はあります。共演のディエゴ・ルナも若かった。
このどーしようもない2人が良かったです。
旅の始まりは軽いおバカなノリからだったのが、(途中このままウダウダなんだろうか・・・と心配しました)最後はなんだか切なかったです。

なんてことないロードムービーなんだけど、不思議と余韻が残る映画でした。
ビーチもとってもきれいでした。

こんな旅、してみたいですね〜
[PR]
by log-mochy | 2010-09-29 20:29 | 映画
見せ過ぎた?
a0163550_20482785.jpg

悪人

観てきました。
ネタばれも含みます。



内容は確かに重いです。でも、妻夫木聡と深津絵里の恋愛にこだわった分、それぞれの人物像が薄っぺらく感じました。出演者は素晴らしいのに、何か物足りない。こういった題材では「誰も守ってくれない」のほうがわたしにはずっしりきました。

妻夫木聡は犯人だけど悪役ではなかった。全然異色の役じゃなかった。そして共感もできなかったです。裕一(妻夫木聡)は何か深いものを抱えていたわけでもなく、単に衝動的に殺してしまって、たまたま出会った光代(深津絵里)を巻き込んだだけ? という感じです。
映画の中で光代も言ってましたが、裕一の考えてることがよくわかりませんでした。最後もなぜあーいう終わり方になったんでしょう?
原作はわかりませんが、2人の関係がそこまで惹かれ合った理由も伝わりませんでした。

それにしても、増尾圭吾(岡田将生)と石橋佳乃(満島ひかり)にはイライラしました。こういうヤツ、必ず登場しますよね。そういう意味では映画のテーマ「誰が本当の悪人なのか?」の言いたいことはわかりますけど・・・。

樹木希林のシーンはグッときたし、深っちゃんも熱演だったと思うけれど、それでもやっぱり少し残念な気がします。


最近の映画でよく思うことですが、予告編で重要シーンを見せ過ぎです。今回も予告編で登場していない重要シーンって結局なかった気がします。。
それもまた残念。
[PR]
by log-mochy | 2010-09-22 21:38 | 映画
ダザイ
a0163550_1992912.jpg


ヴィヨンの妻

この間ちょうど「人間失格」を読んだところだったので太宰続きでした。
昨年のモントリオール映画祭で受賞したということで、海外には好まれる古き良き日本、そして妻の理想像だったんでしょうか?

浅野忠信と松たか子のキャスティングはピッタリだったと思います。浅野忠信の演じる大谷は、不甲斐なくてどこがいいのかさっぱりで、その感じがまた浅野忠信に合っていますね(笑)。そんな亭主を愛して許す佐知は、芯が強く潔くて松さんっぽいなあと思いました。

過去にも名作の映画化というのはいろいろありますが、難しいところですね。
太宰ファンにはどう映ったんでしょうか?
[PR]
by log-mochy | 2010-09-12 20:46 | 映画
タマミ
a0163550_22445814.jpg


『 赤んぼ少女 』


観ました。

楳図作品は感慨深いです。

なんて切ないんでしょかーーー
[PR]
by log-mochy | 2010-08-27 22:58 | 映画
ウェーディング ベ〜ル
なんて楽しい、ハッピーな映画なんでしょかー!
久々に映画で大爆笑しました。


ウェディング・ベルを鳴らせ

a0163550_22143491.jpg

a0163550_22145248.jpg

a0163550_2215657.jpg

a0163550_2215192.jpg


舞台となったセルビアの村や町がとってもほんわかしてて、登場人物がみんな個性的でちょっとクレイジー。
どう見てもまだ少年の主人公の男の子がお嫁さんを探すという、簡単に言えば簡単な話なんですが、ドタバタいろんな事件が起こって、そらないわーとツッコミながら最後まで楽しく観ました。
映画のチラシが可愛くてちょうど公開当時に映画館でもらってきたんですが、映画もやっぱりセンスよかったです。
監督のエミール・クストリッツァ作品を他のも観たくなりました。
[PR]
by log-mochy | 2010-08-20 22:34 | 映画
甘酸っぱ!
a0163550_2233374.jpg


恋しくて

WOWOWのジョン・ヒューズ追悼特集で観ました。
この3人懐かしいな。エリック・ストルツ、リー・トンプソン、メアリー・スチュアート・マスターソン。1987年の映画です。昔一度観たことがあって今回もう一度観てみました。
高校のマドンナ的な女の子(リー・トンプソン)に憧れてるパッとしない男の子(エリック・ストルツ)、そして幼なじみのボーイッシュな女の子(メアリー・スチュアート・マスターソン)のざっと言えば、三角関係です。ジョン・ヒューズ青春作品はこのパターンがお決まりですね。必ず人気者の男の子or女の子がいて、主人公はその子に恋をする。応援してくれる幼なじみがその子のことを好き、というパターン。
とっても甘酸っぱい、切ない。これぞ青春映画です。



「恋しくて」の場合は、幼なじみの女の子の気持ちにやっと気づき、マドンナではなくその友達のほうを選ぶという結末でした。納得のハッピーエンド!

今ではヒットしないだろうな... と思うけど、80年代は真面目に素直に観れた時代だったんですね。
[PR]
by log-mochy | 2010-08-08 23:14 | 映画
ガエル
a0163550_22532198.jpg


アモーレス・ペロス

ある事故がきっかけで、別々の3つのストーリーが絡み合っていくという映画。
よくある群像劇で、時間の経過や関連性が進んでいくうちに、なるほどねー、っとやっとわかりました(笑)。
どのストーリーにも犬が登場します。ただ、犬好きにはちょっとツライかもしれませぬ。
そして何ともいえない、切なく悲しい気持ちになる映画でもあります・・・。
これが人生、ということなのかな。

ガエル・ガルシア・ベルナルが出ています。
背は小ちゃいんですが、目が魅力的ですね。惹き付けられます!
[PR]
by log-mochy | 2010-08-04 23:13 | 映画